サイト(abc-analytics.com)のアクセス分析

前の記事(サイト(wiki.slash-readre.com)へのアクセス分析)に続き、このサイトの今年のアクセス分析。

ソシアルメディア計測

右の図は、ページと流入メディアで、セッション数と滞在時間をクロスしたもの。ソシアルメディアはtwitter。計測方法は、GAに対応したblog投稿通知(bitlyでtwitterに流す)の記事で書いた方法。

権威のある人から言及されるとアクセスがある。

bitly info google analytics cross section page-traffic

上の左図は、bit.lyでの数字。これが、そのままGoogle Analytics側では、右図のように、social mediaとして計測されている。

下の図は、閲覧開始ページでフィルタリングしたもの(アドバンスフィルタを使ってセカンドディメンジョンでのフィルタリング。アドバンスフィルタについては、アドバンスフィルター機能が追加 | Google Analytics, アクセス解析

social media tracking google analytics

12月11日以降のクリックが31で、上のbitlyを見ると、それ以降のアクセスがないので、残りの14は、directの形で戻ってきてくれたvisitということになる。

これは、ピボットにして、Returing Visitorを出せば、確認できる。

pivot google analytics new-returning users

本当は、ユーザ属性をカスタム変数に振る方がいいのかもしれないけど、やらなくても、あるキャンペーンのその後を追う形にはなる。工数がかかるけど。

サイト内検索

google analytics site search google analytics site search with me

上の左図は、今年のサイト検索のデータ。サブディメンジョンで、流入キーワードを出して、その後にサイト内検索をした時のキーワードを表示。さずがに、二単語での検索はないよう。僕は、記事を書く時に、この検索機能をよく使うので便利だと思うけど、外部の人にはありがたみが少ないのかもしれない。チームでコンテンツなどを書いていったり、個人でも記事が溜まってきたりすると利便性が上がりそう。右図は、僕のサイト内検索。サイト内検索時には、ユーザ属性を振っておくべきかもしれない。

サイト内検索もいろいろ記事を書いた。いろいろ間違いはある記事なんだけど、まあ、計測自体はできていると言うことで、、

Googleカスタム検索(Web Element)でGAを使う(設定編)

Googleカスタム検索(Web Element)でGAを使う(運用・改善編)

wordpressにCSE。iframe編

Under Creative Commons License: Attribution

三番目のリンクは、tyntを使った場合のリンクになる。tyntの使い方: Tyntを導入した

上手くいかなかった計測

Google Analyticsでは、CustomVariableの導入で、計測の幅が広がったので、いろいろとデータを取ってみたりした。ページレベルのスコープで、マウスの位置の時間変化を残したりしたけど、あまり上手い数値はとれなかった。あとはユーザスコープで、ブラウザのサイズをとってみたけど、クロスブラウザ対策を怠って良いデータが取れなかった。

最後におおまかな今年のデータ。データに出すと、firefoxでurlをデコードしてたのが無くなるのが痛い(デコードの仕方: GA reportのURI表示の文字化けを直す)

http://docs.google.com/fileview?id=0B6kZxQAjlXMGYmMzMDEzZjUtYTI0My00M2EwLWI2NmMtZTEzYzA2NzIxYmNl&hl=en

image

サイト(wiki.slash-readre.com)へのアクセス分析

Google Analtyics Motion Chart Keywords-coversion

上図は、12月のキーワード別のモーションチャート。詳細は下の方。

アクセス解析のblogを書いてきたんだけど、ツールの使い方や技術的な説明に留まって、実際の解析はほとんど出来なかった。年末なので、アクセス状況を見ていこうと思う。データは、今年8月から始めた wiki.slash-reader.com(Google sitesを使ったもの)。

wiki.slash-reader.com

wiki.slash-reader.comのアクセス数値

http://wiki.slash-reader.com のアクセス数値。Google SitesでのGoogle AnaltyicsではAPIが使えないので、crudeな数字。僕のセッションはfilter-outしてある。グラフはセッション数と滞在時間。

ピークでも一日34sessions,14分の滞在時間(直帰を除くと30分くらい)。その場合には、20前後のページビューになっていた。

サイトでは、最初はコンテンツをページ毎に作っていたが、途中でblog形式でRSSで出力できる機能がついたので、そちらに書くようになった。たぶん、クリックさせやすい構造になったのかもしれない。と思ってグラフを見たけど違った。関係なさそう。

次に外部からどう見えてるかを示すトラフィック分析

google analyticsでは、参照元の表示が特殊な事に注意する。

Google Analtyics Traffic Source

ここで、セッション数は、このキーワードで来た回数ではない。

誤解を生む説明だけど、

大まかには、このキーワードで来た人が行ったセッション数である。ただし、違うキーワードや外部リンクを経由するとその人は入れ替わる。また、セッション中に検索サイトなどから来た場合はキーワードには追加されるけど、セッションはインクリメントされない。

参考リンク:アクセス解析ツールのいけてない集計仕様ベスト3、第1位,

Google Analyticsでセッション数「0」のキーワードの意味は?

じゃあ、実際の検索による流入ボリュームは?という話だけど、上手く出す方法が見あたらない。

下図のように、新規と既存のユーザをわけておくとと、ある程度の傾向は出る。既存との差分は、検索ではなく、bookmarkなど経由と考える。もちろん、既存でのキーワードの入れ替わりはある。(*) cookie内のutmzでは、新規キャンペーンの数値を測っているし、Ecommerseではキャンペーン開始からの日数を出しているので、レポート側の処理の問題なんだけど、、

image

customVarなどで、キャンペーン(utmz)の入れ替わりを計測しておけば、もっとしっかりした数字はだせそうだ。

キーワード別のサイト内行動パフォーマンスのSWOT分析

SWを滞在時間、OTをセッション数でみていく。データが少ないのが難点。

Google Analyitcs Motion Chart keyword SWOT

12月のキーワード分析。アンサー度として滞在時間をX軸。機会の多さとしてvisit数をY軸。Motinチャートは英語設定にしないと出ない。また、時間経過を入れないといけないので、時間単位を月別にしてる。また、円の大きさはvisitにしたので、Y軸と同じものを見せている。

アクションとしては、右下は広告などを考える。左上は、コンテンツ充実を図るとなる。やらないけど、、、

Google Sitesは、簡単にサイトが作れて、検索エンジンへのindexの登録、analyticsの導入、adsenseの導入、内部検索の導入、paypalのボタン貼り付け、などが簡単にできる。実に恐ろしいサービス。ただ、adwordsのコンバージョントラッキングは、gadgetを作る必要があるかもしれない。

次は、このサイトのアクセス解析。

profileの追加時の行う作業

Google Analyticsで、他の人とデータを共有しながら、それでも自分で作業をする場合の設定をしてみたので、記録。

Googleのアカウントを持つメールアドレスを招待してもらう。

  1. loginして、自分専用のprofileを作る(できれば、複数)
  2. filterとgoalのcopy

の3点が必要なプロセス。

1. 自分が持つGoogleアカウントに招待をもらう。

Google Analyticsを使うためには、Googleのアカウントもしくは、Google Apps(premier, education)のアカウントが必要。Appsの方は、試した事がない。(僕の持つstarndard editionではGoogle Analyticsは使えない)

2. 自分専用のprofileを作る

管理者用の権限で招待してもらう。そして、既存の自分用のprofileを作る。

profileを作り方には、二種類ある。A)新しいドメインへのもの、B)既存のドメインのもの。

A)新規のドメインへのprofileの場合、ウェブプロパティIDが新設される(UA-XXXXX-N)とNが数字が付与されたものとなる。

B)既存のドメインへのprofileは、既存のウェブプロパティIDを使う。

今回は、他の人とのデータの共有なので、既存のドメインの上にprofileを新設する。

下図は、上の赤丸が新規ドメインへの追加、下の赤丸が既存ドメインへの追加

Google Analytics プロファイルの追加

profileは、過去のデータを持ってこれるわけでなく、設定した時点からのデータになるので、今後のテスト的な使用も考えて、複数作っておいてデータを貯めて置くのが、いいと思ってる。(*そう思ってるだけなんだけど、どうなんだろう?)

3. フィルター、ゴール、アドバンスセグメント、カスタムレポートのコピー

  • フィルター。 とりあえず、既存のipアドレス除外filterなどを適用する。これは、機能として提供されてので、問題なし。
    image
  • ゴール。 機能としてはないので、手作業になる。これを軽減するためのものとして、Firefoxの拡張機能があるので、それを使う。
    http://www.lunametrics.com/blog/2008/01/21/copying-goals-in-google-analytics-a-firefox-extension/
    Google Analytics ゴールの共有
  • アドバンスセグメント、カスタムレポートに関しても、最近profile間のコピーが可能になったので、それを使う。
    アドバンスセグメントの共有方法

これで、profileのコピーができたので、それを元に自分のアイデアに基づいて、マイレポート(レポートの最初の画面)を変えたり、ゴールを独自に設定してみたり、アドバンスセグメントなどを追加していけば、いいと思う。

そしてアカウントを招待してもらった人と、こういう風にしてみたけど、どうかとアイデアを交換する。

というか、そういう設定を今日したので、その記録でした。

他の方で、こういう感じで運用していますという話があったら、教えてもらえると嬉しいです。

目標は、会話のあるアクセス解析。 その為の第一歩。