サイト(abc-analytics.com)のアクセス分析

前の記事(サイト(wiki.slash-readre.com)へのアクセス分析)に続き、このサイトの今年のアクセス分析。

ソシアルメディア計測

右の図は、ページと流入メディアで、セッション数と滞在時間をクロスしたもの。ソシアルメディアはtwitter。計測方法は、GAに対応したblog投稿通知(bitlyでtwitterに流す)の記事で書いた方法。

権威のある人から言及されるとアクセスがある。

bitly info google analytics cross section page-traffic

上の左図は、bit.lyでの数字。これが、そのままGoogle Analytics側では、右図のように、social mediaとして計測されている。

下の図は、閲覧開始ページでフィルタリングしたもの(アドバンスフィルタを使ってセカンドディメンジョンでのフィルタリング。アドバンスフィルタについては、アドバンスフィルター機能が追加 | Google Analytics, アクセス解析

social media tracking google analytics

12月11日以降のクリックが31で、上のbitlyを見ると、それ以降のアクセスがないので、残りの14は、directの形で戻ってきてくれたvisitということになる。

これは、ピボットにして、Returing Visitorを出せば、確認できる。

pivot google analytics new-returning users

本当は、ユーザ属性をカスタム変数に振る方がいいのかもしれないけど、やらなくても、あるキャンペーンのその後を追う形にはなる。工数がかかるけど。

サイト内検索

google analytics site search google analytics site search with me

上の左図は、今年のサイト検索のデータ。サブディメンジョンで、流入キーワードを出して、その後にサイト内検索をした時のキーワードを表示。さずがに、二単語での検索はないよう。僕は、記事を書く時に、この検索機能をよく使うので便利だと思うけど、外部の人にはありがたみが少ないのかもしれない。チームでコンテンツなどを書いていったり、個人でも記事が溜まってきたりすると利便性が上がりそう。右図は、僕のサイト内検索。サイト内検索時には、ユーザ属性を振っておくべきかもしれない。

サイト内検索もいろいろ記事を書いた。いろいろ間違いはある記事なんだけど、まあ、計測自体はできていると言うことで、、

Googleカスタム検索(Web Element)でGAを使う(設定編)

Googleカスタム検索(Web Element)でGAを使う(運用・改善編)

wordpressにCSE。iframe編

Under Creative Commons License: Attribution

三番目のリンクは、tyntを使った場合のリンクになる。tyntの使い方: Tyntを導入した

上手くいかなかった計測

Google Analyticsでは、CustomVariableの導入で、計測の幅が広がったので、いろいろとデータを取ってみたりした。ページレベルのスコープで、マウスの位置の時間変化を残したりしたけど、あまり上手い数値はとれなかった。あとはユーザスコープで、ブラウザのサイズをとってみたけど、クロスブラウザ対策を怠って良いデータが取れなかった。

最後におおまかな今年のデータ。データに出すと、firefoxでurlをデコードしてたのが無くなるのが痛い(デコードの仕方: GA reportのURI表示の文字化けを直す)

http://docs.google.com/fileview?id=0B6kZxQAjlXMGYmMzMDEzZjUtYTI0My00M2EwLWI2NmMtZTEzYzA2NzIxYmNl&hl=en

image

コメントを残す