Windows版 の Data Feed Query Explorer

これは、昔作ったGAのデータ抽出ツールで、新しくつくりなおしたものは、
自作ツールの紹介になります。こちらをお使い下さい(あと、windows xpだと動かないかも、、、)

Data-Feeds-Query-Explorer-in-windows-application

Google Analyticsの Data Export APIからデータを引っ張るソフトを作った。

Visual Studio 2008 express editionのPublish機能を使って、パッケージ化した。.Net Framework 3.1 SP が必要。ただ、SetUp中にDownloadされるはず。

作った動機

1. なぜか、web上の Data Feed Query Explorer で、日本語が文字化けするようになった。 フォーラムに投稿したけど、英語力の問題もあって、上手くasset出来なかった

2. .NETの ライブラリーが更新されたのとのニュースがあった。

ので、今まで、ruby や pythonapps script で やってたけど、GUIで使えるソフトにも挑戦しようとして、やってみた。 ちなみに、windowsソフト( visual Studioを使って作る)のは、ほぼ初めてなので、UI、機能、エラー処理とかは、プリミティブです。検索や2chなどを見ながら、コピペなどをしながら作ったものです。

出来ないこと

Data Feeds の方のデータを引っ張ってこれるようにしただけです。 Account Feedsの方は、profileを引っ張れるだけです。本当は、Account Feedsの方で、ゴールの設定やら カスタム変数、アドバンスセグメントの設定などが、引っ張れるれのですが、やってません。

できる事は、profileIDを指定して、そのprofileのデータを取得するだけです。 用途としては、データをコピーして、エクセルに貼り付けるといいと思います。(unicodeテキストの貼付けを選ぶと文字化けしないはずです)

注意

Data Export APIの制限に注意して下さい。たくさん使うと制限に引っかかるようです。

あと、Dimensionは7つ、Metricsは10が一度に取れる上限項目数です。また、Dimension, Metircsの組み合わせで、データ取得不可のものがあります。これらの場合は、このソフトの上のテキストボックスにある、Error Messageに、そのようなメーセージが出るはずです。

僕の事を悪意を持ってない人だと信頼できて、ソフトの不出来を許容できる方に使ってもらうのが望ましいです。ただ、いろいろ感想を言ってもらえれば、改善へのモチベーションになるので、なにかあれば、@phar までおっしゃって下さい。

使い方

メールアドレスとパスワードを入れて、GetProfiles ボタンを押すと、自分の管理・閲覧できるprofilesがでます。

その後で、データが欲しいProfileのIDをクリックして、選択した状態にして、getDataを押すと、データ取得です。 下の GridDataViewという所にデータが出力されます。 後は、全選択してコピーして、エクセルで、形式を選択して貼付け- unicodeテキストでの貼付け を選ぶと、日本語の問題なくペーストできると思います。

あと、記録するにcheckを入れると、メールアドレスとパスワードを保存します。逆に、空欄にしてからcheckを入れれば、以前に記憶されたものが、空白で上書き(消去)されます。

実際に使っているキャプチャーは、wikiの方に上げるつもりです。

コメントを残す