GAとsetAutoTrackOutbound

autoTrackOutBound

2010/01/08 この絵には間違いがある。setAutoTrackOutboundでは、javascriptによる遷移を行う関数が二個ある。ビーコンを飛ばした後に遷移処理がある。この絵では、それが書かれてない。(このトピックの最後で僕が書いたもので気づきました

google analytics には、公式documentがないけど、setAutoTrackOutboundというapiがある。

目的は、外部へのリンクを計測するためのもの。(documentが無いということは、使うなとう意味だと思う)

英語の方のhelp forumでは議論されているみたい。 で、なんでも、外部リンクの計測は二年前から言われてた事だと。

問題になっているのは、ga.jsの読み込みタイミングとか、hrefのrequestとpageTracker._trackPageviewのタイミングとかで、計測漏れなどの問題があるのかもしれないし、いろんな事情があるのかもしれない。

参考記事: Tracking Outbound Links — The Right Way

こちらは議論には関係ないけど、計測するのに参考になる記事: Google Analyticsで離脱リンクを自動計測する方法 (_trackEventを使ったもの。trackEventの方が利用状況を使って外部への離脱までの時間が計測できるので、有用かなと思います。)

利用方法(非推奨です)

2009/11/19 送ったデータは、レポートには反映されてなかった。tracking code側は動いても、レポートには反映されないよう。

ドキュメントに無いものなので、試す価値もないけど、調べたので、一応動かしてみた。

pageTracker._setAutoTrackOutbound([]);([]は、計測しないdomainを入れておく、今回はそのまま計測するので[])

した後に、

pageTracker._trackPageview();

とする。

これで、画面遷移前にビーコンが飛ぶ。

下図は、FireBugで見たビーコンのパラメータ(utmhn(ホスト名)と、utmeの中のurlのドメインが違う)

WS000002

具体的な処理は、冒頭の絵に留めて起きます。

使える設定としては、

  • 計測しないドメインの設定 (とりあえず、ビーコンが飛(ぶ/ばない)のは確かめた。)
  • onclickの処理の最後に、独自の関数を設定 (firefoxで確かめた)
  • linksを集める時の上限を設定???(ちょっと、ロジックが不明、utmbの値に関連するみたいだけど、毎回10にresetされる気がする、たぶん、1000回。試してないけど)

ぐらいができます。

*ちなみ、6はoutboundに割り当てられたkey(utmeに出てくる)だと思う。customVarやtrackEventにも使われれて、

  • 5 – trackEvent
  • 6 – outbound
  • 8 – name(customVar)
  • 9 –  value(customVar)
  • 11 – scope-level(customVar)

現状はそうなってます。

ドキュメントされてない機能は、情報もサポートもないので、おとなしくEventListenerに追加してく方が賢明なのは、言うまでもないです。

コメントを残す