Googleカスタム検索(Web Element)でGAを使う(設定編)

Googleカスタム検索(Web Element)でGAを使う

サイト内検索は便利な機能なので、今回、もう一度書く。

まず、Google Custom Search に行ってエンジンを作る。

基本情報を入れる。

名前、説明、キーワード、言語、翻訳、文字コード、検索範囲、広告、Subscribed Links(ユーザがこの

その後、対象サイトを含める。(複数のサイトを含める事もできる)

他にも、いろいろ設定項目があるけど、とりあえずGet codeでコードを取得

これを、サイト上で出現させたい場所に張る。僕の場合は、header部分にいれた。

次に、Google Analyticsでの設定。

新しい設定なので、新規にプロファイルを作っておいて、実験する形がいいと思う。

新しいプロファイルを、設定するドメインの上で作る。

既存のドメインにプロファイルを追加、プロファイル名は適当に。

プロファイルを作成したら、設定。

設定箇所は3カ所

サイト内検索を有効、クエリパラメータ(僕の場合はgにした),

クエリパラメータの削除

こちらの方法では、前の記事で説明したように、ajaxを使っていてURLがanalyticsで取得できない。

その対策上、urlをtrackPageviewで飛ばす形を取っている。

パラメータを削除しておかないと、検索開始ページにクエリが残ってしまい、閲覧開始ページがばらばらになってしまう。

(たぶん、Web Element以外のやり方なら大丈夫だと思う。)

下のscreenshotは、パラメータが残ってしまった場合。

後日直して、正常なデータも入った形。

これで、設定はとりあえずOK。

あとは、Googleカスタム検索(Web Element)でGAを使う(運用・改善編)

コメントを残す