Tyntを導入した

blogstormの記事を読んで

ここで紹介されているTyntというサイトのサービスのを導入した。

自分のWebSite上で、コピペ活動を追跡しやすいようにしてくれる。

具体的には、imageとtextのコピーを閲覧者にしてもらった時、コピーに独自のリンクを生成してくれる。そして、それが他のWeb上で自分への被リンクとなったかどうかをcheckしてくる。

なんか最初、理解できなかった。順番としては

  1. サイト運営者にtyntからのjavascript-codeをサイトに貼り付ける
  2. 閲覧者が、サイト上でコピーをする(イメージ、7語以上テキスト、7語以下テキスト。 address-barのコピーはpro向け。
  3. 閲覧者のclipboardには、コピーした情報+サイトのURL(テキストアンカーは続きを読む)+CreativeCommonsの注記 が入る。
  4. ペーストされたリンクをtyntが監視する(そのリンクがcllickされたかどうか)、crawlerか何かを使うの?そんなのいらないね、、
  5. clickされて自分のサイトに来た場合は、コピペしたものが黄色くマーキングされた表示にする。

という感じ。

試しに、自分のサイトのあるページ(//abc-analytics.com/レスポンス時間短縮の為の作業)で、コピペしてみると、

当たり前だけど、読み込みの遅いweb-pageはまずい。でも、どうやって改善したらいいかわからないから放置しがち。
続きを読む //abc-analytics.com/レスポンス時間短縮の為の作業#ixzz0YEJ35c95
Under Creative Commons License: Attribution

こんな感じに、ペーストされる。で、リンク先に行くと、

image

こんな感じで、コピペした部分が黄色の表示になる。urlはと、最後に#以下にアンカーが付く。

//abc-analytics.com/レスポンス時間短縮の為の作業#ixzz0YEJ35c95

一方、サイトの管理の為のページの方はというと、

image

コピーされた回数を見てる。

被リンクとなったものは、siliverに。

clickされるとgoldに成る。

生成された被リンクをランクに分けて表示してくるという事かな。

image

普通にpage-viewなんかもある。

Pro版にすれば、もっといろいろあるんだろうけど、このままでも満足度が高い。

挿入したscriptの動作が気になったけど、具体的な動きがよく分からない。Domのlevel2のselection機能とevent-listernerを使うような気がするけど、clipboardの書き換えなんかあったかな?

下は、chromeでprofileを出して,増加した関数を出してみたところ。nodeliset, mouseevent,range,xpathresultなんかが増加してる。

これ以上、突っ込むのはやめ。

image

コメントを残す