profileの追加時の行う作業

Google Analyticsで、他の人とデータを共有しながら、それでも自分で作業をする場合の設定をしてみたので、記録。

Googleのアカウントを持つメールアドレスを招待してもらう。

  1. loginして、自分専用のprofileを作る(できれば、複数)
  2. filterとgoalのcopy

の3点が必要なプロセス。

1. 自分が持つGoogleアカウントに招待をもらう。

Google Analyticsを使うためには、Googleのアカウントもしくは、Google Apps(premier, education)のアカウントが必要。Appsの方は、試した事がない。(僕の持つstarndard editionではGoogle Analyticsは使えない)

2. 自分専用のprofileを作る

管理者用の権限で招待してもらう。そして、既存の自分用のprofileを作る。

profileを作り方には、二種類ある。A)新しいドメインへのもの、B)既存のドメインのもの。

A)新規のドメインへのprofileの場合、ウェブプロパティIDが新設される(UA-XXXXX-N)とNが数字が付与されたものとなる。

B)既存のドメインへのprofileは、既存のウェブプロパティIDを使う。

今回は、他の人とのデータの共有なので、既存のドメインの上にprofileを新設する。

下図は、上の赤丸が新規ドメインへの追加、下の赤丸が既存ドメインへの追加

Google Analytics プロファイルの追加

profileは、過去のデータを持ってこれるわけでなく、設定した時点からのデータになるので、今後のテスト的な使用も考えて、複数作っておいてデータを貯めて置くのが、いいと思ってる。(*そう思ってるだけなんだけど、どうなんだろう?)

3. フィルター、ゴール、アドバンスセグメント、カスタムレポートのコピー

  • フィルター。 とりあえず、既存のipアドレス除外filterなどを適用する。これは、機能として提供されてので、問題なし。
    image
  • ゴール。 機能としてはないので、手作業になる。これを軽減するためのものとして、Firefoxの拡張機能があるので、それを使う。
    http://www.lunametrics.com/blog/2008/01/21/copying-goals-in-google-analytics-a-firefox-extension/
    Google Analytics ゴールの共有
  • アドバンスセグメント、カスタムレポートに関しても、最近profile間のコピーが可能になったので、それを使う。
    アドバンスセグメントの共有方法

これで、profileのコピーができたので、それを元に自分のアイデアに基づいて、マイレポート(レポートの最初の画面)を変えたり、ゴールを独自に設定してみたり、アドバンスセグメントなどを追加していけば、いいと思う。

そしてアカウントを招待してもらった人と、こういう風にしてみたけど、どうかとアイデアを交換する。

というか、そういう設定を今日したので、その記録でした。

他の方で、こういう感じで運用していますという話があったら、教えてもらえると嬉しいです。

目標は、会話のあるアクセス解析。 その為の第一歩。

コメントを残す