参照元、参照サイトの日別データを取る

yahoo知恵袋の質問を見てたら、一日単位のリファラー(参照サイト?)が取りたいという質問があって、確かに欲しいデータだなと思ったので、手順を書きます。使うのは、カスタムレポートとセカンダリ-ディメンジョンの二つです。最後に、エクセル出力です。

カスタムレポート作成

ディメンジョンを日別にします。指標は、閲覧開始数、滞在時間、直帰率にしておきます。

カスタムレポート日別データ

サブディメンジョンは入れてもいいですが、入れなくてもいいです。とりあえず使いません。

レポートに戻ったら、セカンダリ-ディメンジョンを参照元にします。

日別データ カスタムレポーティング

これで、参照元のセッション数、平均対座時感、直帰率がでました。でも、検索エンジンはいらないですよね

検索エンジンと直帰をしたセッションをアドバンスフィルターで除きます。

WS000003

セカンダリ-ディメンジョンの参照元で絞り込みます。”文字を含まない” で、google|direct|yahoo|reader とします。

(*他のキャンペーンなども必要に応じて除いてもいいですし、最後のエクセルで除去してもいいです)

アドバンスフィルターを適用

フィルタリングできました。

これをファイルにエクスポートして、エクセルで開いてピボットにします。

WS000006

すかすかですが、エクセル上なので、データの絞り込みなどは容易だと思います。

このエクセルは試用版ですが、スライサーというのを使うと、

エクセル スライサー

フィールドを個別に選びながら表示できました。さすがエクセルですね。

参照サイトはわかったけど、そのサイトの”どのページ“から来たか分からないじゃないか?

ですよね。カスタムレポート作り直しましょう。

カスタムレポート 参照URL

サブディメンジョン参照URLを加えて、レポートを出した後に、特定の日を押すと(下図では3月1日)

WS000010

データはでましたが、今度はドメイン名が出てないです。。。参照URLは、”/” 以降の部分しか表示しません。(その場合、参照URLという名前でいいのだろうか???)

もちろん参照元 > 参照URLという形でカスタムレポ-トのディメンジョンを組み立てれば、クリックして特定のサイトのページ名はだせます。しかし、特定の日 > 特定のドメインで、そこに限定された参照URLが見られるだけです。という事は、一括した形でデータをエクセルに落とす事もできません。一日ごと  > サイトごと> にやればいいのですが、大変です。

Data Export APIを使う

Data Feed Query Explorerを使う

http://code.google.com/apis/analytics/docs/gdata/gdataExplorer.htmlに行って、

Data Feed Query Explorer で参照サイトとパスを同時に出す

上のidsの所には、通常のウェブで見てる時に、ブラウザのURLを見ると、id=xxxx とあるので、それを入れて下さい。プロファイルIDです。あとは、ブラウザをFireFoxにして、table2clipboardというAddOnを入れると、コピーしたものがエクセルにそのまま張り付きます。(* データ数が多いとブラウザが固まるかもしれません。数千件ぐらいのデータは気を付けるべきです)

エクセルに行くのは省きます。

Google Apps Scriptを使う

もちろん、他のスクリプト言語でデータを取り出してもいいです。Google Appsを使っているとGoogle Spreadsheetに apps scriptというエクセルでのVBAみたいなものがあるのですが、それだと、データを集めてspreadsheetにも出力できますし、同時にmailを送る事もできます。(Google Apps Scriptを使って、Google Analyticsのデータを出しているところ)

Google Apps scriptで、google analyticsのデータを出す

スクリプトの中で、MailApp.sendEmail()と書けば、メールも送信できます。

スプレッドシートなので、この図のB列とC列を足して上げれば、参照元のURL全体が表示され、訪問回数、直帰数、滞在時間などがでます。もちろん、コンバージョンなどもだせます。

と言うことで、Google Analyticsでデータの整理にお悩みの方は、データ整理のご相談の連絡を下さい。サイト運営は素人ですが、データの集計や整理を一生懸命やります。

カスタムレポートでもデータ出せるよ! という方法をご存じの方があれば、コメント頂けると嬉しいです。